徹底解説☆web会議入門ガイド

web会議のシステムを活用した海外留学

トップページ > web会議について > web会議のシステムを活用した海外留学

web会議のシステムを活用した海外留学

学識を深めたい方々は、海外留学を検討している事も多いです。
日本の大学で学んだ知識を深く理解する為に、欧米諸国への検討がされる事もありますが、問題は海外渡航です。
海外での生活は、日本とは大きく異なります。
色々な文化の違いもありますし、海外渡航に不安を感じている方も多いです。
また海外で暮らすなら、多くの費用も確保しておく必要があります。
海外での生活費も必要ですし、学費も確保しなければなりません。
海外で働きながら学べるのが理想ですが、言語の壁などもあり、実際には難しい事も多いです。
ところが海外の大学によっては、web会議を採用していることがあります。
もちろん海外の大学でも講義は行われますが、その際にweb会議のシステムを活用する訳です。
わざわざ海外の大学まで行く必要はありません。


Web会議のシステムには、海外の大学で学ぶ為の最低限の機能は備わっています。
大学としては、多数の大学生に対して講義を行う事ができれば、特に問題ありません。
そもそもチャットのツールでも、講義は可能です。
教授が学生にレクチャーする際には、口頭でやり取りするだけで十分です。
教授としては、学生に対して色々な話をする訳ですが、それは音声通話だけでも十分です。
しかもweb会議のシステムには、ホワイトボードの機能もあります。
教授が学生に何か重要な概念を伝えたい時は、黒板やボードに板書したくなる事もありますが、web会議もその黒板のような機能が備わっている訳です。
実際のキャンパスと同じ内容の講義を受けられる訳です。
わざわざ遠いキャンパスまで足を運ばなくても講義を受けられるのは、とても便利です。


ところで海外の大学の場合は、ディスカッションが行われる事もあります。
他の学生と議論を交わして、意見交換する事もありますが、web会議ならそれも可能です。
複数名で通話できる機能も備わっていますから、ディスカッションも問題ありません。
対面で話すよりも、かえってweb会議の方が分かりやすい事もあります。
それと課題提出です。
海外の大学に対しては、様々な論文も提出しなければなりません。
学期末になると、長文の論文を提出する事もありますが、それはメールでも十分です。
ちなみにweb会議なら、提出する論文を他の学生と共有する事もできます。
ですから現在では、わざわざ海外の大学まで行かなくても、すでに日本国内で講義を受けられる状態になっています。
通学型の海外留学よりも、費用も低めになる事も多いですし、web会議による留学に関心を抱いている学生も多いです。

次の記事へ