徹底解説☆web会議入門ガイド

web会議の特筆すべきメリットとデメリット

トップページ > web会議について > web会議の特筆すべきメリットとデメリット

web会議の特筆すべきメリットとデメリット

web会議はシステムを使っていく時にネットワーク回線や専用の設備を活用することとなります。
各企業でweb会議に関するサービスを提供していますが、複雑な設定が全く必要ないものばかりです。
クラウドによってweb会議のシステムが構築されることが多く、それが一般的となっています。
インターネット回線によって接続されているパソコンならば場所を特に考えずにアクセスできれば問題ありません。
さらにパソコン以外にもスマートフォンやタブレットでもweb会議用のシステムへアクセスすることが可能となっています。
ヘッドセットやスピーカーなどを揃えていれば使用することができるだけでなく、設定も特に難しい点がありません。
価格帯も安くなっているので、簡単にコストを考えずに導入することが可能なのもweb会議の大きなメリットといえるでしょう。


web会議におけるメリットはテレビ会議と比較しながら考えることが多く、テレビ会議では補えなかったポイントをクリアしながら活用することができます。
導入までがweb会議は非常にスムーズという点では、テレビ会議よりも活用することができるでしょう。
導入する時には必要な回線を用意したり専用機器を購入すれば、後はマイクなどを企業内で準備すれば時間がさほどかかりません。
また会議の場所をweb会議だと選ばないのもメリットとしてあります。
テレビ会議だと専用機器がある場所でなければ行うことができませんが、web会議ならば外出先からも会議に参加できるようになっています。
これでインターネット回線があれば、出張先や自宅など全く場所を選ぶ必要がありません。
普段はどうしてもスケジュール上外出が続いてしまう人でも、十分会議に参加できる状態となります。


その一方でweb会議ではシステム上デメリットが発生してしまうこともあり、その点をしっかりとカバーしなければなりません。
メリットが非常に多いですが、効率的にweb会議を行っていける反面、デメリットとしてテレビ会議以上に音質や画質が端末などによって落ちてしまうことがあります。
これは専用回線によってテレビ会議を利用していれば映像や音声もカバーしているので、常に高品質で提供されます。
しかしインターネット回線によってweb会議を構成する時には接続している環境によって音質や画質は影響してしまうので、不安定になってしまうこともあります。
トラブルにならないように事前にチェックを行いながら、品質の改善に努める必要もあります。
さらに時にはコストが高くなってしまうこともあるので、見積もりをしっかりと出していかなければなりません。
初期費用がかからないケースが多いため安易に選びがちですが、テレビ会議だと必要な設備にコストがかかるだけで一時的に費用が増えます。
しかしweb会議では回線にかけるコストが毎月かかるので、ランニングコストは意識しなければなりません。